basic認証の設定ですが、たまにしか使わないのですぐに忘れてしまいます…。
覚えているうちにまとめてみました。

ファイルの準備

ベーシック認証を設定するためには、パスワードをかけたいディレクトリに
以下の2つのファイルを設置する必要があります。

.htaccess・・・ウェブサーバの設定を記述する
.htpasswd・・・基本認証用のIDとパスワードを記述する

.htpasswdを用意する

1.認証に必要なIDとパスワードを用意します。
下記のサービスを利用すれば、簡単にパスワードを作成できます。

設定例 user:Cp/qPr9kgUPSU

htpasswdファイル生成(作成)
.htaccess ファイルを簡単作成「.htaccess Editor」 基本認証用パスワード暗号化

2..htpasswdというファイルを新たに作成し、出力されたテキストをコピー&ペーストしてください。

.htaccessを用意する

設定例:

AuthUserFile /home/hoge/html/.htpasswd //.htpasswdの場所(サーバーから見たフルパス)
AuthGroupFile /dev/null
AuthName "Please enter your ID and password" //ポップアップで表示される文言
AuthType Basic
require valid-user

フルパスは要注意!!

4行目の「AuthUserFile」のサーバーから見たフルパスを記述するところですが、 FTPのディレクトリではありません。利用しているサーバーによって違うので、レンタルサーバーのWEBサイトで確認してください。

もしくは、KENT WEBさんのプログラムで、
「FullPath Viewer(フルパスビューワー)」を利用して、フルパスを確認しください。
※こちらの方がお手軽かもしれませんね

最後に

つい数日前にベーシック認証を設定したのですが、やっぱりフルパスのところで躓き、ちょっと時間がかかってしまいました…。
レンタルサーバーの設定でベーシック認証をかけるのが、一番お手軽そうですね。

Next Post